書き損じた年賀ハガキを現金に換金したい

自宅に使っていない「はがき」が大量にありました。

 

 

このはがきはもう使わないけどどう処分すればいいのか?


 

捨てるのはもったいないですよね。買ったときは現金で買ったはずです。

 

 

未使用の年賀ハガキもたくさんありました。


 

切手買取はよく聞くけどはがきも買取してくれるのか調べてみました。

 

まずはどんな方法があるのか調べてみました。

 

書き損じた年賀ハガキも現金になる方法が見つかりました。

はがきの交換方法あれこれ

郵便局

郵便局では現金に交換することはできません。切手やはがきと交換することができます。手数料が必要になります。もしも郵便局で交換するなら「需要が高い切手をシートで」交換すると他で買取してもらうときに高価な買取査定金額になるのでおすすめです。

 

切手

 

懸賞の応募ハガキとして使う

最近は懸賞もメールになってきましたが無くなったわけではありません。懸賞として使うのがこれまでのオーソドックスな使い方でした。しかし当たらない懸賞に応募するのももったいないですよね。

 

フリマサイトで販売

メルカリで検索すると年賀ハガキを販売していました。しかしこれも出品の手間が掛かります。売れたときには送料と手数料が発生します。そして売れるかどうかわかりません。

 

金券ショップで買取してもらう

金券ショップで買取してもらうのはメリットとデメリットがあります。金券ショップは手軽に買取ってもらえるところがメリットです。デメリットは買取金額です。買取は未使用のみOKというところが多いです。理由は新品を店頭で販売するからです。書き損じのはがきは買取してもらえないことも多いです。もしくは安い買取になります。金額を確認してい人は数件の金券ショップで査定してもらいましょう。査定金額も違うはずです。

 

切手専門業者に買取してもらう

これが1番早く現金にできる方法だと思います。おすすめで簡単です。未使用のはがきも書き損じのはがきも買取可能だということがサイトに書いてありました。専門業者なので独自の販売ルートを持っているのが強みです。

不要はがきのおすすめの交換方法

不要はがきのおすすめの交換方法は今後必要になるであろう切手金額を計算して郵便局で切手に交換するのがおすすめです。

 

今後必要になる切手金額以上のはがきを持っている場合は切手専門業者で買取してもらうのがおすすめです。

 

 

大量のハガキがあったので買取をお願いしたら査定当日に現金になって助かったよ。


 

ハガキも換金できる切手買取

 

書き損じた年賀ハガキもたくさんありました。捨てなくてよかったです。

 

この方法を知らなかったらゴミとして捨てたかもしれません。

TOPへ