郵便局で切手は現金に払い戻しできない

切手をたくさん買いすぎて余っている人はいませんか?

 

 

足りなくなったらどうしようと思って以前はたくさんの切手を買っていました。しかし最近は手紙を書く機会も減っています。最近は電子メールが多いです。


 

余った切手をどうしようかと思ってまず思いついたのが郵便局でした。

 

近所の郵便局へまず行って聞いてみました。

 

混んでいるときはゆっくり話ができないのでなるべく空いている時間に行きました。

 

そこでわかったのは切手は現金に換金できないということ。

 

自宅へ帰り郵便局のホームページを見てみたらしっかりと「現金での払戻は行なっておりません」と書いてありました。

 

郵便局1

こんな切手を現金に交換したい

自宅にはこんな切手やハガキがあります。

 

いらなくなった切手
はがきに貼ってある切手
書き損じのハガキ

 

郵便局ではこれらを違う切手やハガキに交換できます。

 

有効期限は特にないと書いてあります。

 

切手換金3

 

すでにはがきに貼ってある切手はどうなのかなと思いこれも調べてみると「汚れたり破れたりしていないものであれば交換できる」と書いてあります。

 

郵便局2

 

どの程度の汚れまで大丈夫なのか気になりますよね。

 

郵便局では交換するときに手数料が掛かります。

 

 

とにかく郵便局では現金に払い戻しできないことがわかりました。


 

さらにパソコンで調べていきました。

郵便局ではなく切手買取で現金化

インターネットで検索して調べていくと切手を現金化する方法がありました。

 

郵便局ではできないことが他でできます。

 

買取という方法です。

 

切手1枚から査定してくれます。

 

郵便局と比較すると手数料がないのでその点はお得です。

 

お得ですが査定額が査定してもらわないとわかりません。

 

ただ切手は交換率がいいとネットの記事に書いてありました。

 

それに加えワクワクするのがプレミアが付く場合があるそうです。

 

切手シートや記念切手の場合です。

 

 

普通切手もあるけどそういえば記念切手もあるし年賀ハガキで当選した干支の切手シートもありました。


 

これがいくらになるのか自分で考えてもわかりません。考えるだけ時間の無駄です。

 

査定してもらって初めて金額がわかります。

 

現在もっている切手の額面の合計金額だけは計算しておきました。

 

これ以上になればお得ということですね。

 

郵便局は手数料が必要なので少し少ない金額でも買取がお得です。

 

切手を換金した方法

 

まずは上記のリンクのように電話をしてみました。

TOPへ